◆単純なモノ売りはもう終わり それでもソーラーが成長する3つの理由

先日、単純なモノ売りはもう終わり、それでもソーラーが成長する3つの理由、との記事が出てました。
あらゆるところに太陽はふり注いでいます。さらに成長してほしいですね。

-----
単純なモノ売りはもう終わり、それでもソーラーが成長する3つの理由
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1607/13/news060.html


太陽光発電市場は2012年の固定価格買取制度(FIT)の開始以降、出荷が急増してきたが、2015年度は2014年度を割り込み、市場環境は明らかに変質した。太陽光発電設備の普及そのものは着実な伸びを見せるが、従来のような大幅な右肩上がりの市場成長は望めない。こうした中でメーカー各社もFITを頼みにモジュールを単純販売するだけでは難しい状況である。

連載「変転する太陽光発電市場」では、ここまで6社のソーラーメーカーの担当者の話をお伝えしてきた。取材を進める中で、勝ち残りのポイントはほぼいくつかに収れんされてきたように思う。最終回となる今回は、この厳しい環境下で各社が勝ち残りを目指す戦略を傾向として、3つにまとめる。

・改正FIT法で解放される未稼働分の認定枠
・ZEHで湧き上がる住宅向け市場、自家消費も追い風に
・太陽光発電を賢く運用するO&Mサービス

-----