◆太陽光発電 低圧81kWのシステムが1,040万円!

先日、大阪で見る太陽光発電の最前線、低圧81kWのシステムが1040万円、との記事が出てました。
1kWあたり約13万円。私が投資した額の半分以下です!


-----

大阪で見る太陽光発電の最前線、低圧81kWのシステムが1040万円
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1609/07/news003.html


太陽光発電システムなどの新製品をLooopが見せた。2016年9月7~9日の期間、インテックス大阪で開催中の「関西PV EXPO 2016 第4回関西太陽電池展」だ。目玉は4つある。「MY発電所キット」シリーズの低圧契約向け新製品と、49.5kW品を加えた分散設置型高圧タイプのパワーコンディショナー、低圧向けを充実させたO&Mサービス「まもるーぷ」、それに家庭向けの「Looop Home」だ。


「MY発電所キット」は価格性能比に魅力があり、信頼も獲得している。これまで全国47都道府県全てで導入が進んでおり、1615件の販売実績を誇る。
関西PV EXPO 2016では、新FIT時代に合わせてさらに進化した新製品を2つ見せた。50kW未満の低圧契約で、最大の発電量を目指したいユーザー向けの「MY発電所キット80シリーズ」は、270Wの太陽電池を300枚用い、容量を81kWとした製品。太陽光が少ない朝夕の発電量を稼ぐことで、1日当たりの総発電量を最大化できる。

価格は1040万円(税別)から。必要な部材と機器を全て含んでおり、太陽電池モジュールと、架台、パワコン、分電盤をセットにした。

MY発電所キット80シリーズは、設置のために1100平方メートル以上の土地が必要だ。そこで、設置面積を750平方メートル以上に抑えた製品「MY発電所キット50シリーズ」を新たに投入した。価格は700万円(税別)から。

両シリーズは、今回初めて基本キットに低コスト、ハイパフォーマンスをうたうデルタ電子製のパワコンを採用するなど、「従来モデルと比べて部材の見直しを行い大幅なコストダウンを実現した」(Looop)という。基本3部材は全て10年の自然災害保険と10年以上の製品保証が付くため、信頼性はより高まっている。

-----