◆船の帆に太陽光パネルを組み込む ベンチャー企業が特許

先日、船上で再エネ発電を実現、帆と太陽光パネルを一体化、との記事が出てました。世界を席巻してほしいですね。


-----

船上で再エネ発電を実現、帆と太陽光パネルを一体化
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1611/07/news058.html


エコマリンパワーは船の帆と太陽光パネルなどを一体化したシステム「EnergySail」に関する特許を取得した。再生可能エネルギーを活用して、船舶の燃費向上やCO2排出の軽減に貢献できる技術だという。2018年から商用生産を開始する計画だ。


船舶用の低燃費低排ガスソリューションの開発を手掛けるエコマリンパワー(EMP、福岡市)はこのほど、硬帆装置「EnergySail」技術のコア要素をカバーする特許を取得したと発表した。この特許取得により技術ライセンスを前進させ、EnergySailとその関連する技術の商用生産を2018年から始めることができるようになった。

EnergySailはコンピューター制御による自動配置が可能であり、太陽光パネルや風力発電システムなどのさまざまな再生可能エネルギー発電設備を取り付けることができる硬帆装置。船舶の燃費向上や二酸化炭素排出を低減に貢献する。船舶用にデザインされたもので、貨物船やRoRo船(車両甲板を持つ貨物船)から旅客フェリーや沿岸警備船など幅広いタイプの船舶に設置できるという。


-----