◆「格安SIM」19サービスの実効速度を比較 LINEモバイル」が初登場にしてトップレベル

先日、「LINEモバイル」が初登場にしてトップレベル――「格安SIM」19サービスの実効速度を比較(ドコモ回線10月編)、との記事が出てました。複数月の結果をみて判断するのがよさそうです。

-----

「LINEモバイル」が初登場にしてトップレベル――「格安SIM」19サービスの実効速度を比較(ドコモ回線10月編)
ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1611/10/news130.html


格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年10月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。


・平日午前:LINEモバイルが30Mbps超でいきなりトップ
・平日午後:「LINEモバイル」が純正超えの下り平均36Mbpsでトップに
・平日夕方:「FREETEL SIM」が本領発揮 「LINEモバイル」も2位に
・まとめ:いきなりトップレベルの「LINEモバイル」 今後も勢いは続くのか?

IIJmio……午前と夕方に期待
OCN モバイル ONE……午前と上りに期待
BIGLOBE LTE・3G……午前と夕方に期待
b-mobile(おかわりSIM)……底堅い
LINEモバイル……常に圧倒的な速度
楽天モバイル……常に3Mbps以上
NifMo……午前と夕方に期待
FREETEL SIM……常に10Mbps以上
ロケットモバイル……底堅い
U-mobile PREMIUM……午前中は圧倒的
DMM mobile……午前と夕方に期待
Wonderlink(LTE Iシリーズ)……午前と夕方に期待
mineo(Dプラン)……午前と夕方に期待
Wonderlink(LTE Fシリーズ)……常に3Mbps以上
0 SIM……下り低調上りに期待
DTI SIM……下り低調上りに期待
イオンモバイル……午前中は圧倒的
エキサイトモバイル……午前と夕方に期待
ドコモ(mopera U)……常に10Mbps以上



-----