◆米アマゾン 260MWのメガソーラーから電力購入 データセンターに活用

先日、米アマゾン、260MWのメガソーラーから電力購入、データセンターに活用、との記事が出てました。環境に対する意識が高いですね。


-----

米アマゾン、260MWのメガソーラーから電力購入、データセンターに活用
日経テクノロジーONLINE
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/111805103/?rt=nocnt


米エネルギー大手のDominion社は17日、メガソーラー(大規模太陽光発電所)関連事業で提携しているAmazon Web Services(AWS)社と進めているプロジェクトの規模を拡大すると発表した。
具体的には、Dominion社は今後バージニア州内の5つの郡において連系出力で180MW分のメガソーラーを建設する。Dominion社の系列会社であるDominion Energy社とAWS社が、長期間の電力購入契約(PPA)を締結する。これにより両社によるメガソーラー事業の規模は、全部で260MWとなる。稼働時期は2017年の後半を予定している。

AWS社はネット販売大手の米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)社の系列企業で、クラウドコンピューティング事業を展開している。電力消費の多いデータセンターを多く保有・運用していることから、近年、環境負荷の低い太陽光や風力などの電力調達に取り組んでいる。

AWS社は2016年の終わりまでに、使用電力の40%を再エネで賄うことを見込んでいる。さらに2017年の終わりまでに、再エネの比率を50%に高める目標を定め、長期的には電力の100%を再エネにするという。


-----