◆エネルギー自由化に関する意識調査結果

先日、電通、「第4回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施、との記事が出てました。少しずつ浸透してきている状況ですね。


-----

電通、「第4回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施
DENTSU
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2017/0131-009144.html



<調査結果>
・昨年11月の時点で電気の購入先、または料金プランを変更した人は14%

・家庭用ガス小売り自由化の「認知」は4割強と昨年6月の前回調査から増加。家庭用電力小売り自由化の「内容認知」は3割未満で前回調査と同じ水準にとどまる

・ガス会社の「変更意向」は1割強。電力会社の「変更意向」は変更済みの増加に伴い、前回調査より低下して約1割

・ガス小売り自由化に伴い「電気とガスの購入先を1社にまとめたい」意向は66%

・電力会社の変更について、理解の不足感や不安を抱いている人は依然多く、非変更層は基本的な項目の理解が不足している

・一方で、電気の購入先または料金プラン変更層の7割近くが「変更したことに満足」と回答。約4割が「変更の検討を人にも勧める」と回答しており、変更への満足度は高い

・今後、電力・ガス会社変更の拡大には、自由化についてのさらな不安感の払しょく、変更者の満足度の高さを広く知らしめることが有効と考えられる


-----