◆風力発電の翼が円柱! 新原理で中小型風車を革新

先日、翼が円柱、新原理で中小型風車を革新、との記事が出てました。翼がじゃまになりませんので、ベランダに設置できるようになればいいですね。


-----

翼が円柱、新原理で中小型風車を革新
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1701/30/news101.html


風車の翼の形は飛行機に似た形状を採る。このような常識を覆す風車「円柱翼風車」が登場した。開発したのは長岡技術科学大学の教授を務める高橋勉氏。中小型風車に向くという。特徴や用途を解説する。

現在、高橋氏は円柱翼風車の原理を解明した段階にある。翼の直径が数センチメートル(cm)から1メートル(m)までの風車も試作した。

システムとして最適化した場合、どの程度の効率が得られるのかよく分かっていないものの、高橋氏は一般の中小型風力発電システムと同等の効率を目標に置いている。これは効率20%程度に相当するという。

円柱翼風車は、従来の中小型風車が適さない立地を狙うことができるという。新用途を生み出し、適用範囲を広げる技術だ。例えば、市街地近郊や、山岳地帯、台風が多い地域などに適用できるとした。


-----