◆ふるさと納税で返礼割合に上限検討 総務省

先日、返礼割合に上限検討=ふるさと納税で総務省-贈呈終了の動きも、との記事が出てました。このような記事がでると駆け込みがでるかも、ですね。
なお、これまでの私のふるさと納税の実績は以下のとおりです。
http://taiyoukou-salaryooya.seesaa.net/category/24988565-1.html


-----

返礼割合に上限検討=ふるさと納税で総務省-贈呈終了の動きも
時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022500168&g=eco


応援したい地方自治体に寄付すると税負担が減る「ふるさと納税」制度で、自治体が寄付者に贈る返礼品を見直す動きが出ている。商品券や豪華な特産品を贈るなど競争が過熱する状況を踏まえたもので、総務省は返礼品に掛かる金額の寄付額に対する割合に上限を設けるといった改善策を検討。贈呈を取りやめ、競争に一線を画す自治体も出始めた。

ふるさと納税をめぐっては、各自治体が返礼として贈る地域の特産品が人気を呼び、寄付総額が拡大。一方で寄付を呼び込もうと、高額な物品や地域との関係が薄い返礼品を贈る自治体も見られる。

総務省は、返礼品の贈呈は自治体独自の取り組みだとして、これまで返礼割合の基準を示していない。ただ「返礼品に掛けるコストの割合が高いと、寄付金がその自治体の住民サービスに使われにくくなる」(総務相)ことから、目安として上限を示すことを視野に入れる。具体的な改善策は有識者や自治体側の意見を聞いた上で今春をめどにまとめる予定だ。


-----