◆ソーラーフロンティア CIS系で世界最高効率を実現!

先日、ソーラーフロンティア、CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで世界最高効率を実現、との記事が出てました。国産パネルメーカー、頑張ってほしいですね。


-----

ソーラーフロンティア、CIS系薄膜太陽電池サブモジュールで世界最高効率を実現
エネクトニュース
http://www.eco-front.com/news_dxqBJDheOM.html


◆世界最高変換効率19.2%を達成
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)とソーラーフロンティア株式会社は、30cm角のCIS系薄膜太陽電池サブモジュールで、世界最高変換効率となる19.2%を達成したことを2017年2月27日(月)に発表した。


◆7cm×5cmサイズでも世界最高変換効率を達成
NEDOでは、2020年に1kWhあたり14円の発電コスト目標を掲げており、今回の世界最高変換効率19.2%達成は、発電コスト低減に大きく寄与し、目標達成に向けて大きく前進したとのことだ。

また、CIS系薄膜太陽電池の特長として、結晶シリコン系太陽電池よりも膜厚を薄くすることができ、省資源かつ低コストでの製造が可能。

ソーラーフロンティアでは、2012年2月に薄膜系太陽電池サブモジュールで世界最高変換効率17.8%を達成しており、今回これを1.4ポイント更新し、加えて、7cm×5cmサイズのCIS系薄膜太陽電池においても世界最高変換効率19.8%を達成した。

NEDOとソーラーフロンティアでは今後も、NEDOの発電コスト目標実現に向けて、高効率と高信頼性を両立した太陽電池の低コスト化技術開発に取り組んでいくとしている。


-----