◆「スポットコンサル」で副収入 「副業天国」に乗り遅れるな!

先日、「スポットコンサル」で副収入 「副業天国」に乗り遅れるな!、との記事が出てました。アンテナを高くはっておかないと乗り遅れてしまいますね。私のほったらかし投資実績は以下のとおりです。http://taiyoukou-salaryooya.seesaa.net/category/24988565-1.html


-----

「スポットコンサル」で副収入 「副業天国」に乗り遅れるな!
dot.
https://dot.asahi.com/wa/2017032300086.html?page=1


政府も人手不足の緩和につながるなどとして、後押ししている。
多くの企業は本業に専念してもらうため、いまも就業規則で副業を禁止している。政府が参考として公開している「モデル就業規則」でも、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」と原則禁止になっている。政府は副業が企業にとっても利点があることを示し、モデル就業規則も近く原則容認に変える方針だ。


副業を始める際に便利なのがネットを通じて仕事を紹介するサービスだ。大手IT企業で働く岡直哉さん(27)は、大手のランサーズに2015年夏に登録した。ランサーズによると、累計で約20万社が仕事を発注している。


仕事の経験や知識を生かしたコンサルタントの道もある。大手建設会社の幹部で50代の男性は、昨年夏、専門知識を持つ個人に話を聞けるサービス「ビザスク」(東京)に登録した。ビザスクによるとアドバイザーは約3万人いて、7割が現役の会社員だという。

男性は資材調達の経験を生かし、これまでに3回、スポットコンサルタントをした。平日の夜に企業のオフィスや喫茶店で1時間ほど質疑応答する。

質問内容は資材の買い手が重視するポイントを聞かれることが多い。例えば住宅設備の場合、価格や省エネ性能、納期などいろいろな要素があり、優先順位を考える。どのような設備が求められているのか、長年の経験をもとに助言する。


-----