◆容量はリチウムイオン電池の15倍! 超高容量の「空気電池」

先日、容量はリチウムイオン電池の15倍、超高容量の「空気電池」を開発、との記事が出てました。これからは電気を貯めることが重要になってきますね。


-----

容量はリチウムイオン電池の15倍、超高容量の「空気電池」を開発
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1704/10/news041.html


現在主流のリチウムイオン二次電池を超える次世代電池として期待されているリチウム空気電池。物質・材料研究機構の研究チームは、リチウムイオン二次電池の15倍の容量を持つリチウム空気電池の開発に成功した。空気極にカーボンナノチューブを利用したのが特徴だ。

そこでリチウムイオン二次電池より高容量な次世代の電池として期待されているのが、リチウム空気電池だ。理論上あらゆる二次電池の中で最も高いエネルギー密度を有するとされている。チウムイオン電池とは異なり、正極にコバルト系やマンガン系の化合物を用いることなく、リチウム金属の負極と電解液、正極の空気極だけで作動するため、高容量化だけでなくコスト面でのメリットも期待できる。

こうした背景から研究開発の進展が期待されているリチウム空気電池。物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 ナノ材料科学環境拠点 リチウム空気電池特別推進チームの久保佳実チームリーダー、野村晃敬研究員らの研究チームは、このほど従来のリチウムイオン電池の15倍に相当する高い蓄電容量を持つリチウム空気電池の開発に成功した。


-----