◆熱放出抑える太陽光パネル開発着手 給湯に活用

先日、サンジュニア、熱放出抑える太陽光パネル開発着手 給湯に活用、との記事が出てました。太陽光パネルの冷却により発電量もアップしそうですね。


-----

サンジュニア、熱放出抑える太陽光パネル開発着手 給湯に活用
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB17H7J_X10C17A4L31000/


太陽光発電システムを販売するサンジュニア(須坂市)は慶応大学と連携して発電時に熱を放出しない太陽光パネルを開発する。水を滴下してパネルを冷ます装置をほぼ完成させたほか、熱を給湯や暖房に使う仕組みも導入する。太陽光発電は発熱で周囲の気温が上昇し、近隣住民とトラブルになる例も出ている。新たな仕組みを備えたパネルを2020年に実用化し、市場を開拓する。


-----