◆夢のソーラーカー 街中を走る時代は来るか! プリウスPHVまだ途上

先日、夢のソーラーカー、街中を走る時代は来るか-プリウスPHVまだ途上、との記事が出てました。世界で先んじてほしいですね。


-----

夢のソーラーカー、街中を走る時代は来るか-プリウスPHVまだ途上
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-22/ORVUCY6JIJUP01


世界のソーラーカーレースでは畳のように大きなパネルを載せた車が疾走する。運転席が小さく、一般車とは大きくデザインが違う。パネル表面が高温になると発電効率が落ちるため、レースでは休憩地点で水を掛けて冷やすこともある。無尽蔵の太陽光エネルギーで走るソーラーカーは夢の車と期待されてきたが、2017年の今も実用化への道筋は見通せていない。

「究極は確かにソーラーパネルだけで走れる車をつくりたい」-。トヨタ自動車が2月に国内発売した新型プリウスのプラグインハイブリッド車(PHV)の開発を担当した金子将一氏はこう話す。オプションで車体の屋根にパネルを設置し、太陽光エネルギーを走行に利用できる世界初の量産車だが、太陽光のみで走行可能な距離は1日最長6キロメートル程度にとどまる。日照時間に左右されるため東京では約5キロという。今後はパネル設置に適した専用設計にして航続距離を10キロ程度にすることが可能との見通しを示している。


-----