◆夢の“超臨界”地熱発電! 調査プロジェクトが始動

先日、夢の“超臨界”地熱発電は可能か、調査プロジェクトが始動、との記事が出てました。ぜひ実現して欲しいですね。


-----

夢の“超臨界”地熱発電は可能か、調査プロジェクトが始動
ITMEDIA
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1707/07/news026.html


NEDOは、深度5キロ程度に存在する約500℃の「超臨界水」を利用した、地熱発電の実現可能調査に着手する。大規模な再生可能エネルギーとして期待される次世代の地熱発電方式で、政府が目標とする2050年以降の実現に向け第1歩を踏み出した。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、再生可能エネルギー源として期待される、超臨界地熱発電技術について実現可能性の調査に着手すると発表した。

NEDOは深度5キロ程度に存在する約500℃の超臨界水を用いた地熱発電、超臨界地熱発電に関する先導研究を実施してきた。この先導研究を含む最近の研究成果から、一定の条件を満たす火山地帯の3~5キロの深部には、約500℃の超臨界水(純水の場合温度374℃、圧力22MPa以上の状態)が存在すると推定されている。超臨界地熱発電は、従来よりも高温高圧の地熱資源を活用する発電方式であり、1発電所あたりの大出力化が期待されるという。


-----