◆戸建て購入検討者の85%が太陽光発電を検討! ソーラーフロンティア調査

先日、【家庭のエネルギーに関する意識調査結果】太陽光発電には売電より自家消費を期待、との記事が出てました。普及がすすむといいですよね。


-----

【家庭のエネルギーに関する意識調査結果】太陽光発電には売電より自家消費を期待
ソーラーフロンティア
http://www.solar-frontier.com/jpn/news/2017/0724_press.html


【調査結果サマリー】

・家計の固定費で出費が気になるものは、約半数が「電気代」と答えて最多。

・住宅購入後、節電対策を導入する意向がある人は92.2%で、具体的な対策は「こまめに電気を消す」(68.2%)、「電力会社の比較・検討」(30.1%)、「家電の電源コードを抜く」(28.9%)など手軽なソフト面での取り組みが多い中、ハード面での取り組みとしては「太陽光パネルの導入」(21.7%)が最多。

・太陽光パネルの導入効果については、「月々の電気代が安くなる」(82.7%)を期待する声が最多。パネル設置で得られると思うメリットは、「自家消費ができる」(68.1%)が「売電できる」(55.1%)を上回る結果に。

・ZEHを知っている人のうち、80.1%が内容を「詳しく説明できる」「説明はできないが、大まかに知っている」と答え、理解度の高さが伺える。また、85.7%は住宅を購入する際、ZEHの導入を前向きに検討。

・ZEHを理解している人に導入検討の理由を聞くと、「長い目で見ると経済的だから」が最多の63.3%。太陽光パネルの導入効果を全体に聞いた際の最多回答であった「月々の電気代が安くなるから」と比べると、ZEH導入検討者は長期的な経済メリットを求める声が鮮明に。



-----